ビジネスの成否は情報と人間関係が決する

日々を漫然と過ごすことなく、自分の仕事に対して、常に“臨戦態勢”であることが重要なことは言うまでもない。知識やノウハウも含めた広い意味での情報を、日常的にどのようにキャッチしているかは、ビジネスにおけるスタートダッシュを成功に導けるかどうかに関わってくる。特にSNSなどのインターネット時代では、日頃から情報の核心(事実)と向き合えているか否かが問われる。そして、次に決め手となるのは、自分の仕事に影響力を及ぼす顧客や上司とどのように接しているかであろう。それらの人々との親密さや日常的なコミュニケーションの取り方で、信頼関係が構築できるかどうかが決まるからだ。好きな言葉ではないが、いわゆる“人脈の有無”がビジネスチャンスをモノにできるかどうかにも直結する。その一方で、古くなった情報や人間関係は時には“毒”となるリスクもあり、“処分”する決断が必要な場合もある。年齢的には若年者でも結果として成果を上げさえすれば、彼らが勝者となるのだ。ただし、そのこと自体も一夜で暗雲が立ち込めることにもなる現実もある。