一般社団法人「内外メディア研究会」

一般社団法人内外メディア研究会

一般社団法人「内外メディア研究会」

2024年4月 理事長就任

名 称   一般社団法人 内外メディア研究会

(英語表記 Worldwide Media Association)

所在地 〒170-0013
           東京都豊島区東池袋4丁目6番2号 匠ビル4F

連絡先 TEL:03-5944-9251
   e-mail :   info@wma.or.jp

設 立  2015年7月27日

役 員 (2024/4現在


会 長 原島 一男 元 日本放送協会(NHK)

国際局チーフ・プロデューサー

理事長 水野 雄氏 匠総合研究所代表、

元 旭化成取締役常務執行役員

副理事長 島田 敏男 元NHK解説副委員長、

政治ジャーナリスト

副理事長 登内 昭  合同会社 genten代表、

元 電通取締役常務執行役員

理事 久水 宏之 元 日本興業銀行常務取締役

理事 三枝 稔  学校法人先端教育機構 特別顧問・評議員、

元 朝日生命保険相互会社専務取締役


理事 高橋 遠  東京西南私鉄連合健康保険組合理事長、

元 東急ホテルズ代表取締役会長

理事 井水 治博 日刊工業新聞社代表取締役社長


理事 星 久人 ベネッセホールディングス特別顧問、

元 ソニー特別理事

理事 渡邊 頼純 関西国際大学 国際コミュニケーション学部学部長、

 慶應義塾大学名誉教授


理事 後藤 克弘 セブン&アイ・ホールディングス顧問(前代表取締役副社長)


理事 川戸 恵子 TBSシニアコメンテーター

理事 牧野 義司 経済ジャーナリスト、

元毎日新聞・ロイター通信記者

理事  白石   真澄 ビューティー&ウェルネス専門職大学理事長補佐、

関西大学名誉教授

監事  新保 義隆  

「内外メディア研究会WMA)」6月例会参加者(順不同) 

会場の様子&前回5月例会の映像

 

 

 

 

 

 

2024年6月27日(木)開催 

 講師:宮嶋巌 月刊FACTA編集長・創刊創業者 

(テーマ:月刊FACTA18年の歩みと、

新聞・雑誌は生きのこれるか) 

島田  敏男    WMA副理事長・政治ジャーナリスト(元NHK解説副委員長) 

後藤  克弘    WMA理事・セブン&アイ・ホールディングス顧問(前代表取締役副社長 

三枝  稔     WMA理事・学校法人先端教育機構 特別顧問・評議員(元朝日生命保険相互会社専務取締役) 

野坂 雅一     総務省地方財政審議会委員・元読売新聞論説副委員長 

大槻  奈那     名古屋商科大学大学院教授、東京海上監査役  

桧山 昌子     矢萩商事株式会社取締役

高橋 秀明    (個人)

宇田  信一郎    新政研究会代表・ロンドン大学LSE国際社会経済フォーラム会長 

望月 邦彦    ㈱エコロ・ジャパン代表取締役社長、東アジア経営学会国際連合産業部会部会長 

山本 康太郎    NTT東日本電信電話株式会社 経営企画部広報室長 

高橋  貞史    (個人) 

岩渕  美智子    言論NPO副理事・元東洋大学法学部助教授  

冨山  勝男       税理士法人共生会計代表社員  

春藤 匡央    MOST代表取締役・スリーハンズ取締役COO 

逸見 弘剛    ㈱セブンアンドアイ・ホールディングス/コーポレートコミュニケーション本部執行役員本部長  

細野 大介          スリーハンズ株式会社クリエイティブ部部長 

山松 節男    ビック情報株式会社 顧問  

川崎  千秋    元ハーディ・エイミス・インターナショナル社長 

川崎  英子    (個人) 

竹内  春彦    リベラルタイム出版社「リベラルタイム」編集部マネージャー 

登内   昭     WMA副理事長・元電通取締役常務執行役員  

堀尾  牧子     森林認証SGEC/PEFCジャパン・マーケティング&プロモーション部長  

廣田  隆    西都建物代表取締役 

村上 真希      株式会社セレブ代表取締役 

里永 尚太郎    作家・S&ASSOCIATES取締役

水野  慶子    (個人)

宮嶋 巌       月刊FACTA編集長・創刊創業者 

清水 幸比古    (一社)日本モロッコ協会 理事長

舟津 大雄     フリーランスディレクター

水野  雄氏      WMA理事長・匠総合研究所代表、元旭化成取締役常務執行役員

                                                                                               以 上