オピニオン・エッセイ

「最下部の年月をクリックしていただきますと、下記のテーマのオピニオンやエッセイ等がご覧になれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

尚、最近の「掲載テーマ」は次のとおりです」

◆2021年5月

・韓国文政権の末路

◆2021年4月

・いよいよ菅政権の初衆院選が始まる

・権力闘争下のミャンマー情勢

◆2021年3月

・「自分ファースト」小池東京都知事

・本年は「TPP機運」を高める好機

◆2021年2月

・「大地震」は近づきつつあるか?(再掲載)

・東京五輪開催に更なる逆風?森会長発言問題

・「女性活躍社会」の到来は?(再掲載)

・日本にとっての「台湾」

(※月刊誌「リベラルタイム」3月号掲載の匠の視点第11回)

◆2021年1月

・4月総選挙、五輪中止、岸田氏新総裁は?

・『朝日新聞』は反日メディアか?

(※月刊誌「リベラルタイム」2月号掲載の匠の視点第10回)

◆2020年12月

・「バイデン」と面識がある岸田文雄氏

(※月刊誌「リベラルタイム」1月号掲載の匠の視点第9回)

◆2020年11月

・解散総選挙の時期は?

菅義偉新政権の「安保課題」を考える

(※月刊誌「リベラルタイム」12月号掲載の匠の視点第8回)

◆2020年10月

新政権の内閣官房参与に中村芳夫経団連顧問

・揺らぎ始めた中国「習近平政権」

(※月刊誌「リベラルタイム」11月号掲載の匠の視点第7回)

◆2020年9月

・菅“暫定”政権の発足と急がれるべき総選挙

・菅義偉新総裁で思うこと

・深刻化する米中関係を観る

(※月刊誌「リベラルタイム」10月号掲載の匠の視点第6回)

◆2020年8月

・(政治家エピソード連載)高市早苗

・(政治家エピソード連載)額賀福志郎

・マスコミ報道の“在り方”を考える

(※月刊誌「リベラルタイム」9月号掲載の匠の視点第5回)

・コロナ危機への「無責任な発言」は控えるべき

・(政治家エピソード連載)太田昭宏

◆2020年7月

・(政治エピソード連載)石田真敏

・「大地震」は近づきつつあるか?

 (※月刊誌「リベラルタイム」8月号掲載の匠の視点第4回)

◆2020年6月

・「女性活躍推進」社会の到来は?

 (※月刊誌「リベラルタイム」7月号掲載の匠の視点第3回)

◆2020年5月

・(政治家エピソード連載)中川秀直

・日韓関係と文大統領の「末路」

 (※月刊誌「リベラルタイム」6月号掲載の匠の視点第2回)

◆2020年4月 (政治家エピソード連載)

                               ・野田毅

       ・福田康夫

  ・少額となった「政治とカネ」

 (※月刊誌「リベラルタイム」5月号掲載の匠の視点第1回)

◆2020年3月 (政治家エピソード連載)

                               ・二階俊博

       ・鈴木宗男 

       ・加藤勝信・江藤拓

◆2020年2月

・小池百合子東京都知事の「再選」でよいのだろうか?

◆2020年1月 (政治家エピソード連載)

                               ・甘利明、山口那津男

       ・岸田文雄、石破茂 

◆2019年12月 (政治家エピソード連載)

       ・麻生太郎、梶山弘志 

                              ・小渕優子、松島みどり 

       ・山崎拓、伊吹文明 

                             ・中曽根康弘、中曽根弘文

◆2019年11月

・「人間・山口信夫」が主張したこと

◆2019年10月

・吉野晃旭化成名誉フェローの「ノーベル化学賞」受賞を喜ぶ

・10年前の悪夢は「民主党政権の誕生」だった

◆2019年9月

・ 隣国の異常な大統領の対日外交

・次なる衆議院選挙はいつか

◆2019年8月

・日本は世界一長寿企業が多い「老舗超大国」

・仕事には「人生や家庭」を持ち込まない方がよい

◆2019年7月

・“トップ”は自分の発言の重みを自覚するべし

・充実した人生を送るには「今」を充実させること

◆2019年6月

・日本の民意は「悪化する日韓関係」改善の必要性を感じていない

・人物を見極めるポイントは「自然体」

・モノづくり企業には“価値づくり”が求められる 

・国家間の関係は両国トップ同士の相性も関係

◆2019年5月

・ビジネスの成否は情報と人間関係が決する